フィルイン(ベースの一層残し)について

フィルインとは~ジェルネイルをより優しくデザインチェンジための技術です。


ジェルネイルが流行りだして十数年


リーズナブルにジェルネイルを施してくれるサロンもたくさんできました

最近はマニキュア同様セルフで愉しまれる方もたくさんいらっしゃいます

ジェルネイルは

ジェル状の樹脂を爪の上に乗せ

UVライトやLEDライトで光重合という化学反応を利用して

瞬間で固めることができ

終わった後はマニキュアのように乾くのを待つ必要がなく

手軽で便利に指先を彩ることができるアイテムです

やったことがある方はご存知かと思いますが

そのジェルをお爪に乗せる前にキューティクル周りのケアや

サンディング(お爪表面に傷入れをすること)など

必要な下処理があります。

必要な下処理はジェルメーカーごとに方法は様々で

メーカーの指定の下処理を怠ったり誤った方法で行うと

持ちが悪かったり

はたまたくっつきすぎてオフがたいへんになってしまったり

いいことがありません

一度つけたジェルはメーカーにもよりますが、

樹脂の劣化やお爪との密着の浮きや欠けを考慮し

大体が3~4週間でのメンテナンスが必要になります。

お客様にはこのメンテナンス時期を必ずお伝えするようにネイリストは

次のご来店時期をお知らせするのですが

このメンテナンス方法として


「アセトンなどのリムーバーで樹脂を溶かしてオフをしてからデザインチェンジする」


という方法が今までのサロンやセルフでやる場合の主なメンテナンス方法でした


ところがここ最近では

アセトンによるオフをする際、

アトピーやあかぎれのある方などは滲みたりすることによって痛みを感じてしまっていたり

より皮膚疾患が悪化してしまうことも否定できません

一度すっかりオフをしてしまってからまた以前下処理を行った部分も再度下処理をしてしまうことで

お爪が薄くなってきてしまうのでは?

というデメリットについてよく言われるようになりました。


アトピーやあかぎれがあっても

手肌をいたわりながらネイルを楽しみたい


そこでネイリストは

ベースが浮いていない部分に関しては

極力ベースを残した状態にして

デザインチェンジだけをしよう

というベース一層残し

フィルインという技術が

最近は取り入れられようになってきました

フィルインはおもにマシンを使用してベースを一層残して削る技術です

(よく歯医者さんみたいだねと言われます)


※もともとジェルネイルが流行る以前の

アクリルスカルプチャーでデザインスカルプをしていた時代から

フィルインという技術はありました

それのジェルネイルに対応した技術です


当店もお客様のほとんどが主婦を中心とした家事をおこなったりして手を酷使する方がとても多く

軽いアトピーや手荒れ、あかぎれなどがあるお客様が結構いらっしゃいます。


手荒れの状態に有害物質が入り込むとそれがアレルギーの原因物質になってしまうことは

ご存知の方も多いかと思います。


手肌をいたわりながらネイルを楽しんでほしい

フィルインにはネイリストのそんな願いが込められています。

当店も極力フィルインでのデザインチェンジを行っております。


アルミホイルで巻かれたときにジンジンと痛い思いをしてしまったことがある方

どうぞ安心してご来店ください

ジェルネイルはきちんとしたメンテナンスを行うことでたのしく指先を彩ることができる

とても素敵なツールです(^^♪